横浜市立大学国際総合科学部 黒木ゼミ・研究室
職歴


  • 黒木 淳(くろき まこと)

学歴:

  • 2009年3月 大阪市立大学商学部 卒業
  • 2011年3月 大阪市立大学大学院経営学研究科前期博士課程修了(修士(経営学))
  • 2014年3月 大阪市立大学大学院経営学研究科後期博士課程修了(博士(経営学))

職歴:

  • 2014年4月 大阪市立大学大学院経営学研究科 特任講師
  • 2015年4月 横浜市立大学学術院国際総合科学群 講師
  • 2017年4月~ 横浜市立大学大学院国際マネジメント研究科 准教授
  • (2018年8月~ 文部科学省科学技術・学術政策研究所: NISTEP 客員研究員)

研究分野:

  • 公会計,病院会計,非営利組織会計,人的資源会計

主要業績:

  • 1) 黒木淳. 独立行政法人におけるインセンティブ制度の実証的考察: 独立行政法人データベース構築の試み. 会計検査研究, 56, 2019
  • 2) 黒木淳, 田中利樹, 大学病院へのオープンブック・マネジメント適用と課題: 横浜市立大学附属病院「経営改善プロジェクト」をケースとして, 横浜市立大学論叢社会科学系列, 70(1), 2018.
  • 3) 黒木淳. 付加価値と労働生産性の測定に関する考察:ロジック・モデルによる拡張の可能性. YCU Discussion Paper Series M-18-3, 2018.
  • 4) 黒木淳『非営利組織会計の実証分析』中央経済社, 2018
  • 5) 黒木淳, 廣瀬喜貴, 本川勝啓. 行政コストと成果情報の予算設定への影響:地方公会計を対象とした質問紙実験. YCU Discussion Paper Series M-17-1, 査読無, 2017
  • 6) 黒木淳, 福祉施設の情報開示に関する課題:情報開示制度の拡充に満足せず、自発的な情報開示を, 月刊福祉, 100: 54-55, 2017
  • 7) 黒木淳. 非営利法人の自発的な会計ディスクロージャーとシグナリング:特例民法法人を対象とした実証分析, 横浜市立大学論集社会科学系列, 査読無, 68 (2): 1-19, 2017
  • 8) Kuroki, M., Y. Hirose and K. Motokawa, Trends and Challenges of Public Accountability in Local Government Accounting Researches: Literature Analysis using Text Mining. YCU Discussion Paper Series M-16-3, 査読無, 2016
  • 9) 廣瀬喜貴, 黒木淳, 本川勝啓. 新公会計基準適用をめぐる基準設定主体と地方公共団体の動向と課題, 高崎経済大学ワーキングペーパー 2016-01-02, 査読無, 2016
  • 10) 黒木淳, 病院・介護施設の地域包括ケアシステムへの対応と経営管理システムの実態, Monthly IHEP (247): 17-19, 2016
  • 11) 黒木淳, 尻無濱芳崇. 病院・介護施設における管理会計システムの特徴とその比較:大阪府を対象としたサーベイ調査から, 病院, 査読有, 75(9): 700-707, 2016
  • 12) 黒木淳. 予算ベンチマークと実体的裁量行動:わが国私立大学を対象とした実証分析, 黒木淳, YCU Discussion Paper Series, 査読無, M-16-2, 2016
  • 13) 黒木淳. 私立大学における会計情報開示の経済的帰結:シグナリング仮説の検証, 会計プログレス, 査読有, 16: 30-44, 2015
  • 14) 黒木淳. 私立大学における裁量行動の分析:利益分布アプローチによる検証, YCU Discussion Paper Series, 査読無, No.15-M, 2015
  • 15) 黒木淳, 向山敦夫. 社会福祉法人の経営分析, 経営分析事典(日本経営分析学会編), 362-364, 2015
  • 受賞歴:

    • 日本社会関連会計学会 2013年度『奨励賞』
    • 受賞論文:社会福祉法人に関する情報開示制度の有効性

    主要な研究資金:

    • 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED): 長寿科学研究開発事業 (2018年7月~2020年3月)
    • 「EBMgtの確立をめざした医療機能を有する介護保険施設の評価指標に関する研究開発」研究代表者
    • 日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究): (2018年4月~2021年3月)
    • 「予算設定者による公会計情報の活用:質問紙実験と実証分析の混合研究」研究代表者
    • 日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B) (2018年4月~2021年3月)
    • 「中小企業における管理会計能力と財務業績の関係に関する経験的研究」
    • 分担研究者 (代表者 澤邉紀生: 京都大学)
    • 稲盛財団研究助成 (2017年4月~2018年3月)
    • 「医療機関の財務健全性の推定と将来予測」研究代表者
    • 医療経済研究機構若手研究助成 (2014年10月~2015年9月)
    • 「地域包括ケアシステムに貢献する経営責任組織の持続可能性に関する経営学的・会計学的研究」研究代表者
お問い合わせはこちら

Copyright (C) Yokohama City University International College Kuroki laboratory.